2010年09月17日

生命力溢れる花器「RIN」(清水 陽祐)

生命のしなやかな力強さを感じさせるフラワーベース
LIN(リン)


この作品が生まれたのは、タケノコの産地倉敷市真備町。
約1年で成木と同じくらいの高さに成長する竹の勢いを止めるには、
今まで伐採するしかありませんでした。

町のあちこちで竹が焼かれているのを見て、
竹の利用方法を考えた末、誕生したのが
この作品のデザインメーカーである、竹集成材ブランド「TEORI」です。

竹の素材をそのまま引き出したようなシンプルなデザインながら
今までの竹製品のイメージにとらわれない柔軟な発想。
厳しい冬を耐え抜いた自然の竹だから発する、溢れる生命力を感じます。

どっしりとした重厚感あるたたずまいで、
生けた花をより美しく見せるフラワーベースLIN(リン)

切れ目に生けられた一輪の草花は、よりその姿を凛と美しく見せます。
また、中心にあるガラス管は取り外しできます。
竹の力強さを感じるフォルムの一輪挿しLIN(リン)は、
モダンな空間に最適なひと品です。

posted by Mami at 18:02| Comment(0) | 生活雑貨(インテリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。