2010年09月22日

時の「動き」を感じるリボンクロック(加藤 弘之)

福井県の井上リボン工業(株)がディレクターに岡田栄造氏を迎え
リボンに新しい息吹を吹き込むべく立ち上がったRibbon project。
このプロジェクトは、身近だけど、それだけだった存在のリボンテープ状のリボンを、
まいたり、束ねたりすることでさまざまな表情を与えようというものです。
Ribbon Clock


こちらのクロックは加藤弘之氏とのコラボレーションによるデザイン。
リボンが秒針となって動くことでリボン独自のやわらかさと、
しなやかな印象が際立つまさにグッドデザインな時計です。

幅10cm程の小さな文字盤からはみ出した細いリボンが、
1秒ずつ時を刻むなんともユニークなRibbon Clock
リボンが秒針となって動くことでリボン独自のやわらかさと、しなやかな印象が際立ち、
そのリボンによって「時間」を意識できるロマンチックな時計です。

本体が白いこともあってどんな空間でもなじみやすくなっています。
一つでももちろんお使いになれますが、時間をずらして、
横や縦に並べると素敵なインテリアのアクセントになります。

リボンの色はライトブルーとライトグリーンの2色。
まるで生き物のようにピクピクとかわいらしい動きで、色とりどりの瞬間を演出します。



posted by Mami at 12:17| Comment(0) | 生活雑貨(インテリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

生命力溢れる花器「RIN」(清水 陽祐)

生命のしなやかな力強さを感じさせるフラワーベース
LIN(リン)


この作品が生まれたのは、タケノコの産地倉敷市真備町。
約1年で成木と同じくらいの高さに成長する竹の勢いを止めるには、
今まで伐採するしかありませんでした。

町のあちこちで竹が焼かれているのを見て、
竹の利用方法を考えた末、誕生したのが
この作品のデザインメーカーである、竹集成材ブランド「TEORI」です。

竹の素材をそのまま引き出したようなシンプルなデザインながら
今までの竹製品のイメージにとらわれない柔軟な発想。
厳しい冬を耐え抜いた自然の竹だから発する、溢れる生命力を感じます。

どっしりとした重厚感あるたたずまいで、
生けた花をより美しく見せるフラワーベースLIN(リン)

切れ目に生けられた一輪の草花は、よりその姿を凛と美しく見せます。
また、中心にあるガラス管は取り外しできます。
竹の力強さを感じるフォルムの一輪挿しLIN(リン)は、
モダンな空間に最適なひと品です。

posted by Mami at 18:02| Comment(0) | 生活雑貨(インテリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

枯れ木にあなたのHANAを咲かましょう(妹尾和世)

日本を代表する建築家の一人、
妹島和世氏によるフラワースタンド。

HANAHANA
Hanahana.jpg

一輪挿しのスチールパイプ19本を木の枝に見立てて構成しています。
なので、プロダクト自体は木の枝だけを絵に描いたようなフラワースタンド。

でもそれぞれの枝(一輪挿し)に花を飾れば、枝だけのスタンドが満開の木にかわいいかわいい
『枯れ木に花を−』
自然をモチーフにした優れたデザインは、普遍的なメッセージを発信しますね。

出来れば写真のように19種類別々の花を飾るのがオススメ。
どんな花を飾っても、きれいにまとまって
一つの作品に見せてしまう軽やかさ、それでいて圧倒的な存在感。

高さが160センチほどありますので、室内のパテーションとしても活躍しそう。

イタリアのdriade社から商品化されています。

HANAHANA


MoMAstore

posted by Mami at 13:54| Comment(0) | 生活雑貨(インテリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。