2010年08月25日

デザイン+ユーモアなグラス(小松誠)

MOMAはじめ多くの美術館に作品が収蔵されている小松誠が
1982年にデザインして以来長い人気を誇るグラス。

★Crumple オールドファッション クリアー★

クランブル.jpg

crumple(クランプル)とは「紙などをくしゃくしゃにする」という意味で、
その名の通り、紙袋の折り目やシワをかたどっており、
紙袋を手でくっしゃくしゃにした状態を表現しています。

石膏を紙、木材、ビニールなどの上で硬くさせると、
その素材を持つテクスチャアがそのまま写し取られるのです。
紙が持つシワや折り目を組み合わせ、ある種の表情を定着させ、
それをアートとしてだけでなく日常の器として発表したところに
小松誠とcrumpleシリーズの素晴らしさはあるのかもしれません。

一見ガラスと思えないこのグラスは、オブジェとして飾ってもカッコイイですぴかぴか(新しい)
ガラスの凹凸から生まれる光の屈折が、見る角度によって様々な表情を表します。

でもやはりグラスは飲むものexclamation×2
持ち辛いかと思いきや、何気に手になじんでしまうから不思議。
適度に重量感があるので、ワインだけでなくウィスキーや焼酎にも合いそうですかわいい



MoMAstore

posted by Mami at 03:41| Comment(0) | 茶器・酒器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。